作り手のご紹介




【 西隆行 】




2008年 福岡大学工学部建築学科 卒業。
2011年 佐賀県立有田窯業大学校専門課程陶磁器科卒業。
2016年 有田町南山に工房をかまえる。

第111回九州山口陶磁展 産業陶磁器部門 熊本放送賞受賞
2014年伊丹国際クラフト展 入賞
第112回九州山口陶磁展 美術工芸部門 入選
高岡2015年クラフトコンペ 入選
2015めし碗グランプリ 入選
第116回有田国際陶磁展 産業陶磁部門 3位有田町長賞


雫シリーズは釉薬が特徴的な作品です。

有田焼の標準的な天草陶土という磁土がとても滑らかで、
その白い滑らかな素地を活かすのに、青磁の釉薬を合わせました。

青磁の釉薬は厚みが増すほど青の色が濃くなります。
その釉薬が窯の中で熔けて自然と流れ、一つ一つちがった表情を出しています。

素材特徴や魅力を引き出せるよう、日々制作に励んでおられます。

ご自分へのご褒美に、大切な方への贈り物に、
選んでいただければ幸いです。

〔 西隆行さんの器はこちら 〕

ページトップ